古希の花贈りマナーメッセージ例文集

タイミング

数え年とは、生まれた年を1歳として、新年を迎えるたびに年齢を加算します。
2011年(平成23年)元日・大晦日が数え年なので、早い場合ではお正月のうちにお祝いをされる場合もあります。

もともと数え年と誕生日は関係ありませんので、お正月でも、誕生日前でも、誕生日過ぎでも、
ご家族が集まれるご都合の良い日にお祝いなさるのがよいでしょう。

2011年(平成23年)に
ご長寿の御祝いをお迎えになる方

・1951年(昭和26年)生まれの方還暦(数え61歳)

・1942年(昭和17年)生まれの方古希(数え70歳)

・1935年(昭和10年)生まれの方 喜寿(数え77歳)

・1932年(昭和7年)生まれの方 傘寿(数え80歳)

おすすめギフト

ご高齢でも とてもお若い方が増えていますので、ボリューム感があって、明るく華やかな赤色やピンク系がおすすめです。

弊社ではオーダーメイドで承っております。

お返し

原則としてお返しは不要。
もし、お返しをする場合はお祝いに応じたお返しをするのではなく一律にお返しします。表書きは「内祝」「寿」結びは蝶結びです。

御長寿祝いの いわれ

還暦(かんれき)

数えの61才(生まれた年の干支にもどるという意味)

古稀(こき)

数えの70才(中国の詩人杜甫の詩「人生七十古来稀也」にちなんだ

喜寿(きじゅ)

数えの77才(喜の字のくずし字が七七に通じるところから)

傘寿(さんじゅ)

数えの80才(傘の字を崩すと八十とよめるところから)

米寿(べいじゅ)

数えの88才(米の字をばらばらにすると八十八になる)

卒寿(そつじゅ)

数えの90才(卒の字の略字が卆とかけ、九十とよめる)

白寿(はくじゅ)

数えの99才(百の字から一をとると白になる)

百賀(ひゃくが)

数えの100才
(100歳を百賀の祝い、101歳を百一賀の祝として毎年祝います。)

▼古希(70歳)のお祝いに添える メッセージ例文

メッセージ例文

・古希おめでとうございます。いつまでも家族の中心で輝いていてください

・70歳のお誕生日おめでとうございます。これからも暖かく家族を見守ってくださいね。

・70歳のお誕生日と、古希おめでとうございます。益々のご健勝をお祈りいたします

・古希おめでとう!おじいちゃん(おばあちゃん)の笑顔がみんなの元気のもとです。いつまでも元気でね。

・つつがなく古希を迎えられましたことを心よりお慶び申し上げます。いつまでもお健やかでいらっしゃいますよう、お祈り申し上げます。

季節

いらっしゃいませ