栄転・就任の花贈りマナーメッセージ例文集

タイミング

発表されてから1~2週間。

お返し

原則不要。お礼状は出しましょう。

ポイント

上司の栄転や昇進が決まったら、社内の慣習にのっとって、有志でお祝いを贈るのが基本です。慣習に従うことがいちばん大切なポイントになります。

仲人をしていただいた方など、特にお世話になった上司の栄転・昇進は、お祝い品をご自宅へ持参するなど、あくまで個人としての贈りものであることをはっきりさせます。

御昇進御祝/祝御昇進/御栄転御祝/祝御栄転/御就任御祝(専務や社長など高い地位についた場合に用います) などとして贈ります。

▼栄転・就任 のお祝い に添える メッセージ例文

メッセージ例文

・この度は、●●にご就任、おめでとうございます。今後ますますのご健勝とご活躍をお祈りいたします。

・●●ご就任、おめでとうございます。心よりお喜び申し上げます。一層のご活躍と貴社のご発展を祈念いたします。

・この度は、ご栄転おめでとうございます。今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

・ご栄転おめでとうございます。●●さんなら、新天地でもきっと一層のご活躍をなされることでしょう。心からお祝い申し上げます。

・ご栄転おめでとうございます。離れてしまうのはさみしいけれど、●●さんの日ごろの努力の賜物と、心からお祝い申し上げます。たまには電話やメールでも元気な様子を知らせてくださいね!今までありがとう!

・ご栄転おめでとう!責任も大きくなり大変なことも沢山あるかもしれないけれど、
●●さんなら大丈夫!●●課一同、応援しています。健康に気をつけて頑張ってね。

・この度は、●●役にご就任なさいました由、心よりお祝い申し上げます。このうえは益々のご活躍となることをお祈り申し上げます。

・この度は、●●にご就任なされましたとの由、誠におめでとうございます。これもひとえに常日頃より貴殿のご精進の賜物と拝察しております。今後一層のご健勝とご発展を祈念申し上げます。

季節

いらっしゃいませ