■花贈りタブー集 母の日 編

本日は、
花贈りタブー集 母の日 編をお伝えします!

■母の日の起源
■母の日ギフト、タブーはあるの?
■ご予算の中心価格帯
■これまでの実例御紹介
■ご質問、お問い合わせは・・・


■母の日の起源


    五月の第二日曜日。
    アメリカではじまった国民の祝日です。
    1908年5月10日に、アメリカヴァージニア州に住んでいた
    アンナ・ジャービスという女性が「亡き母の追悼記念会」を開き、
    霊前に白いカーネーションを供えたことが始まりといわれています。
    白いカーネーションは、1905年5月9日に亡くなったお母様が
    最も好きだった花だそうです。
    哀しい母の死に直面したアンナは、母の愛の偉大さを生前から敬う運動を広めました。
    そして1914年、ついにアメリカ議会で、
    5月の第二日曜日が「母の日」と正式に制定されました。
    当時は、母が健全な人は赤いカーネーション、母がなくなった人は
    白いカーネーションを胸元に飾っていたそうです。
    日本では、明治末期ごろ、初めて母の日を祝う行事が行われました。
    そののち1915年(大正4年)に教会で 母の日を祝うようになり、
    やがて、全国へ認知が広まったようです。
    ・・・とここまで読んでいただいたところで、
    なぜ、白いカーネーションを追悼会で配っただけで、
    国民の祝日になったのか、不思議ではありませんか?
    背景を探ってみると、
    戦争や、女性・子供を軽視する社会情勢が深く関わっていました。
    アンナ・ジャービスの母は、素晴らしい社会活動家でした。
    彼女は牧師の夫との間に、10人の子供を授かりましたが、病気や戦争で、なんと
    8人の子供を失ってしまいます。しかし、彼女は残された2人の子供に対してだけ
    でなく、自分の周りのすべての人に、母の愛を注いだのでした。
    1858年に「母の日仕事クラブ(Mothers’ Day Work Club)」を結成、
    病気で苦しむ人たちのための募金活動や病気を予防する食料調達、衛星検査など、
    公衆衛生のために積極的に活動しました。
    1861年、南北戦争がはじまると、「母の日仕事クラブ」は
    南・北、へだてなく兵士の看病をしました。そして戦争の終わった4年後、
    南北双方の兵士や地域の人たちを招き、傷ついた人々の心を癒そうと活動しました。
    戦争が原因の憎しみや敵意を取りはらうことに成功したのです。
    当時のアメリカでは 女性は社会的弱者でした。
    ですが、女性たちのたゆまぬ努力によって、大きな変革がおきました。
    奴隷制度の廃止、暴力廃止、女性労働者の環境改善、子供の保護、公衆衛生、
    貧しい人たちへの社会保障などの問題について 政治的にも大きな影響を
    及ぼしました。
    このような当時の流れのなかで、アンナ・ジャービスが行った、
    母の追悼記念会は大きな意味をもったのです。アンナは自分の母だけではなく、
    「母親」という存在そのものへの敬意をこめ、
    国民の祝日として『母の日』制定をのぞんだのでした。
    いかがでしたでしょうか?
    母の日には このような深いいきさつのあったのです。
    いまでは 商業ベースばかりが先行していますが、
    いまいちど、ご家族で、ご夫婦で、ゆっくり話し合う時間を
    とってみてはいかがでしょうか?
    世界で起きている戦争のこと、
    亡くなっていく人たちのこと、
    平和とは、
    日本のこと、
    自分達家族のこと。
    とっておきの母の日になりますように。
    命をこの世に産み出せるのは、母だけなのですから。


■母の日ギフト、タブーはあるの?


    特にありません。
    1950年代の日本では、白いカーネーションは、母親のない子がつけるもの、
    と決まっていたため、念のため 白いカーネーションは避けたほうがよいでしょう。
    また、色彩感覚は ひとりひとり異なるもの。
    シックでステキな色、と選んだお花が、
    お母様にとっては「暗い」印象になる場合もあります。
    お母様のお好みを詳しく知らないときは、
    明るい、華やかな印象のお花を選ぶことをおすすめします。


ご予算の中心価格帯


    平均価格帯は 5,000円~15,000円です。
    プリザーブドフラワーがはじめてのお母様なら、
    水やり不要な点をぜひ説明してあげてくださいね。
    お取扱い説明書は お花に必ず 同梱させていただいております。
    既にたくさんプリザーブドフラワーを飾っておられるお母様なら、
    今年はオーダーメイドをオーダーしてみてはいかがでしょうか?
    家具のお色、カーテンのお色、お母様の好きなお色とご予算を
    お申し付けくだされば、マイスターが最適なご提案をさせていただきますよ。
    *******************************************************
    アイビーでは
      お花のオーダーメイド製作を承わっております。
    80%のお客さまから お喜びの声を頂戴する
    花のプロが ご提案申し上げます。
    あなたは 選ぶだけ!
    プロのセンスを最短で。お急ぎオーダーメイドならおまかせ超速コース
    http://www.ib-flower.com/speedy.html
    花の色や器からえらべる スタンダードコース
    http://www.ib-flower.com/standard.html
    *******************************************************


■これまでの実例御紹介


    花束のようなイメージで赤とピンクの2色
    オーダーメイド
    
    リビングの窓際に置きます。
    オーダーメイド
    
    受け取ったお母様が 実際に飾られたご様子
    オーダーメイドご利用シーン
    


■ご質問、お問い合わせは・・・


 母の日花贈りについて ご質問にお応えします!
 こちらからお問い合わせください!
 執筆者:中井 結未衣


プリザーブドフラワー お役立ちコンテンツ トップに戻る

季節

いらっしゃいませ