プリザーブドフラワーの特性

About PreserevedFlowers 

 
プリザーブドフラワーとは

プリザーブド  Preserved とは、英語で保存する という意味で、生花が有機物質や色素を花本来の力で吸い上げた花をいいます。発色がとてもよく、しっとりした感触があり、生花でもなく、ドライフラワーでもなく、限りなく生の花に近い質感をもった注目の花です。
1970年代終わり、「長寿な切花」としてブリュッセル大学とベルリン大学、フランスのヴェルモント社の共同研究からスタートしました。10年もの研究の結果、1987年、ようやく完成。1991年、ベルモント社がプリザーブド加工技術の国際特許を取得しました。

日本上陸は、特許取得後の2年後、1993年でした。
池袋サンシャインシティで行われた「日本高級インテリア市場国際貿易展」に出展されました。
その後、加工メーカーも、花材の種類も増えつづけており、魅了される人も 増え続けています。
アイビーでは、日本ではまだ珍しかった2001年に、プリザーブドフラワーの取扱いを スタートいたしました。
ブリザードフラワーの特性について豊富な経験、ノウハウを有しております。

Advantages of PreserevedFlowers

 
プリザーブドフラワーの長所

長期間枯れない

プリザーブドフラワーは、数年枯れません。
生花は、季節によって、1日~数週間で枯れますが、プリザーブドフラワーなら、自然界の限りある命を、水も光もあたえることなく長期間 お楽しみいただけます。
取扱説明書は、すべてのお届けに同梱させていただいております。ウェディングブーケやリングピローとして海外挙式や前撮り用に人気が高まっています。

プリザードフラワー オーダーメイド

プリザードフラワー オーダーメイド

 

水やり不要

プリザーブドフラワーに 水やりは必要ありません。
このため、置くだけでなく、壁や天井、メンテナンスの手間を省きたいオフィス、病室など用途は広まる一方です。

プリザードフラワー オーダーメイド

湿気は 大敵です。湿度30~50%程度に保つと、永く楽しんでいただけます。

 

自然界にない色が楽しめる

プリザーブドフラワーの花の色は、着色料の色ですので、自然界には存在しない 色のバラもつくることができます。
青色やグリーン・・

プリザーブドフラワー青い薔薇 プリザーブドフラワーグリーンの薔薇

着色料は、食品や、製薬に使われる、人体に無害なものですのでご安心ください。

 

花粉や香りがありません

花粉アレルギーに弱い方、香りに弱い方もプリザーブドフラワーなら 問題なく飾っていただくことができます。
病室へのお見舞いにも プリザーブドフラワーなら、心配ありません。

 

Disadvantages of Presereved Flowers 

 
プリザーブドフラワーの短所
 
 

高価

プリザーブドフラワーの価格は、生花の約3~5倍です。
しかし、生花の数十倍長持ちすること、お手入れ不要な点を考えると、価値あるお花といえます。

 

花の種類がすくない

プリザーブド加工に 向く花、向かない花 があります。
プリザーブド向きなのは、バラ以外に、カーネーション、ジャスミン、菊など 花弁が多い または 花弁がはずれにくい花です。

プリザーブドフラワー加工に向かないといわれているのはコスモスや桜など、花弁(花びら)の枚数がすくなかったり、花びらが はずれやすい 花です。
加工過程で、破損してしまうのです。

 

最近は、加工技術が改良され 新素材が ぞくぞくとふえてきました。

スカビオサ、カラー、デンドロビウム

今後、プリザーブドフラワーの種類はふえつづけ、さらに豊富なデザインがご提供できるようになるはずです。

 

一輪一輪に個性がある

プリザーブドフラワーは天然由来のため下記のような特性があります。

【 スカビオサ 】

・1輪づつ大きさが変化いたします
・花びらには 若干縮れがあります

【 紫陽花アジサイ 】
色合いが変化します
縮み、斑点、褐色などがあります
※天然由来のものですので傷んでいるのではありません

【 デンファレ 】
・1輪づつ大きさや形が変化いたします
・花びらにシワ、ヒビワレ、色ムラ、形のゆがみが生じている場合がございます

【 葉っぱ類 】
プリザーブドフラワーのリーフは、天然由来の、丸まり、縮み、褐色の色づき、虫がたべた跡が発生している場合がございます。
このような形状は、天然由来の材料であるがために生じているものであり、品質の劣化によるものではありません。

How to enjoi Presereved Flowers 

 
プリザーブドフラワーの楽しみかた
 
 

プリザーブドフラワーは、保存状態によって、「持ち」がかなり変動いたします。

高温多湿を避ける

湿気と高温を避けてください。湿度30~50パーセント、温度18度~22度が最適といわれています。
湿気と温度の高い場所に保管されますと、吸いあげた着色料が染み出したり、花びらのヒビワレ、色あせなど 劣化症状が発生します。
室内にて撮影。室温27度、湿度60%。葉脈から、液がしみだしています。
着色料は人体に無害ですが、カーテンやリネン類に色移りすると とれにくいため、色移りする前にティッシュで ふきとってください。

強い光を避ける

直射日光・強い光を避けてください。色あせしてしまいます。
プリザーブドフラワーをご存じない方にも安心してプレゼントいただけるよう、取扱説明書を同梱させていただいております。


プリザーブドフラワーのことでお困りのみなさまへ
「プリザーブドフラワーの飾り方」や「花贈りについて」など、順次ご紹介してまいります!どうぞお楽しみに・・・


季節

いらっしゃいませ