プリザーブドフラワーの特性

プリザーブドフラワーってなに?

プリザーブド  Preserved とは、英語で保存する という意味で、生花が有機物質や色素を花本来の力で吸い上げた花をいいます。発色がとてもよく、しっとりした感触があり、生花でもなく、ドライフラワーでもなく、限りなく生の花に近い質感をもった注目の花です。
1970年代終わり、「長寿な切花」としてブリュッセル大学とベルリン大学、フランスのヴェルモント社の共同研究からスタートしました。10年もの研究の結果、1987年、ようやく完成。1991年、ベルモント社がプリザーブド加工技術の国際特許を取得しました。

プリザーブドフラワー

日本上陸は、特許取得後の2年後、1993年でした。
池袋サンシャインシティで行われた「日本高級インテリア市場国際貿易展」に出展されました。
その後、加工メーカーも、花材の種類も増えつづけており、魅了される人も 増え続けています。
アイビーでは、日本ではまだ珍しかった2001年に、プリザーブドフラワーの取扱いを スタートいたしました。
ブリザードフラワーの特性について豊富な経験、ノウハウを有しております。


ブリザードフラワーの長所

長期間枯れない

なんといっても、最大の長所は、数年、枯れないことです。
生花は、季節によって、1日~数週間で枯れますが、プリザーブドフラワーなら、自然界の限りある命を、水も光もあたえることなく長期間 お楽しみいただけます。
取扱説明書は、すべてのお届けに同梱させていただいております。ウェディングブーケやリングピローとして海外挙式や前撮り用に人気が高まっています。

プリザードフラワー オーダーメイド

プリザードフラワー オーダーメイド

プリザードフラワー オーダーメイド


水やり不要

プリザーブドフラワーに 水やりは必要ありません。
このため、置くだけでなく、壁や天井、メンテナンスの手間を省きたいオフィス、病室など用途は広まる一方です。

プリザードフラワー オーダーメイド

湿気は 大敵です。湿度30~50%程度に保つと、永く楽しんでいただけます。


自然界にない色

プリザーブドフラワーの花の色は、着色料の色ですので、自然界には存在しない 色のバラもつくることができます。
青色、マットな緑色・・

ブリザードフラワー 教室 ブリザードフラワー 教室

着色料は、食品や、製薬に使われる、人体に無害なものですのでご安心ください。


花粉や香りがない

花粉アレルギーに弱い方、香りに弱い方もプリザーブドフラワーなら 問題なく飾っていただくことができます。
病室へのお見舞いにも プリザーブドフラワーなら、心配ございません。


プリザーブドフラワーの短所

高価

プリザーブドフラワーの価格は、生花の約3~5倍です。高価な理由
しかし、生花の数十倍長持ちすること、お手入れ不要な点を考えると、価値あるお花といえます。


種類がすくない

プリザーブド加工に 向く花、向かない花 があります。
プリザーブド向きなのは、バラ、カーネーション、ランなど 花弁が多い または 花弁がはずれにくい花です。

プリザーブドフラワー加工に向くバラ プリザーブドフラワー加工に向くカーネーション

プリザーブドフラワー加工に向かないといわれているのは花弁(花びら)の枚数がすくなかったり、花びらが はずれやすい 花です。
加工過程で、破損してしまうのです。

プリザーブドフラワー加工に向かない桜・コスモス・カサブランカ

最近は、加工技術が改良され 新素材が ぞくぞくとふえてきました。

新素材ダリア・トルコキキョウ・ヒマワリ・スカビオサ

今後、プリザーブドフラワーの種類はふえつづけ、豊富なデザインがご提供できるようになるはずです。
(弊社では、プリザーブドフラワー加工は行わず、加工済みの輸入花材などをつかって 商品企画・製作しております)


固有の特性

プリザーブドフラワーには固有の特性があります。
生花とは異なる 特徴です。
あらかじめご了承くださいませ。

【 スカビオサ 】
・1輪づつ大きさが変化いたします
・花びらは 縮れた形状です
天然由来のため、避けることができかねます。何卒ご了承ください。

スカビオサの特徴

【 ホルテンシア 】
色合いが変化いたします
縮み、斑点、褐色などが ところどころございます
※天然由来のものですので傷んでいるのではありません。

ホルテンシアの特徴 ホルテンシアの特徴

【 デンファレ 】
・1輪づつ大きさや形が変化いたします
・花びらにシワ、ヒビワレ、色ムラ、形のゆがみが生じている場合がございます
天然由来のため、避けることができかねます。何卒ご了承ください。

デンファレの特徴

【 葉っぱ類 】
プリザーブドフラワーのリーフは、天然由来の、丸まり、縮み、褐色の色づき、虫がたべた跡が発生している場合がございます。
このような形状は、天然由来の材料であるがために生じているものであり、品質の劣化によるものではありません。
自然の味わいをおたのしみいただくために、弊社でも故意に取り除くことは致しません。あらかじめご了承くださいませ。

葉っぱ類の特徴


プリザーブドフラワーのお取扱い

プリザーブドフラワーは、保存状態によって、「持ち」がかなり変動いたします。

湿度を避ける

湿気と高温を避けてください。湿度30~50パーセント、温度18度~22度が最適といわれています。
湿気と温度の高い場所に保管されますと、吸いあげた着色料が染み出したり、花びらのヒビワレ、色あせなど 劣化症状が発生します。
室内にて撮影。室温27度、湿度60%。葉脈から、液がしみだしています。
着色料は人体に無害ですが、カーテンやリネン類に色移りすると とれにくいため、ティッシュなどで ふきとってください。

プリザーブドフラワー 液漏れ

プリザーブドフラワー 液漏れ

プリザーブドフラワー 液漏れ


光を避ける

直射日光・強い光を避けてください。色あせしてしまいます。
プリザーブドフラワーをご存じない方にも安心してプレゼントいただけるよう、すべてのお届けに取扱説明書を同梱させていただいております。

プリザーブドフラワー


プリザーブドフラワーについてよくいただく質問と答え

ホームページと印象が違うのですが

ご期待にそえず、申し訳ございません。プリザーブドフラワーは、自然界の花や葉を加工してできているため、1輪づつ、1枚ごとに色や形が異なります。また、1輪づつ、着色状態も異なります。
機械的な生産物ではないため、色の表情や、ミリ単位での大きさの違いはどうしても生じてまいります点を、なにとぞご了承くださいませ。
なお、アイビーでは、仕入れ後、小さすぎるものや変形したものは省いて製作しております。どうぞご安心くださいませ。
また、パソコンの画面でのお色と、実物のお色には どうしても差異が生じてしまいます。重ねてご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。


ホコリはどうすればいいですか

ホコリは 予防がいちばん大切です。
ホコリが付着しにくい場所に飾ることが大切です。
長期間飾っていますと、ホコリを吸着しやすくなります。
一度ついてしまったほこりをはらうグッズも出回っているようですが、弊社ではおすすめしません。
花びらが繊細なため、さわったり、風をあてると変形や、ひび割れの原因となります。
ホコリがどうしても気になるようでしたら、新しいものとお取替えされることを、おすすめします。

ホコリや色あせなど劣化を防ぐ飾り方 はこちら


ほこりは 冷風のドライヤーで取り除いたら良いのでしょうか?

アイビーでは、ほこりを 取り除くことはおすすめしておりません。
ほこりを取り除く作業中に、花びらを傷める可能性があるからです。
汚れてしまったお花は、まるごとお取替えされることをおすすめいたします。
どうしてもほこりを取り除かれたい場合は、一般に次のような方法がございます。
・極弱い、ドライヤーの冷風を 15センチ以上はなしてあてる
・羽のようなもので ほこりをとりのぞく
いずれも、花びらを傷めないよう、充分ご注意くださいませ。


花びらぬれた感じで透明になって、少しひび割れが生じました

花びらぬれた感じで透明になって、少しひび割れが生じました。
やはり湿気には弱いのでしょうか?

花びらが透けているお写真を、東京都Hさまよりご提供いただきました。
湿気が原因の「ひび割れ」や「花びらの透け」が生じておられます。
プリザーブドフラワーに適した環境は、ヨーロッパのような常に乾燥した気候とお考えください。
プリザーブドフラワーにとって日本は、年間通して湿気の多い環境であり、そのうえ、雨が続く季節には、外気の湿気や 傘の湿気、濡れた靴からの湿気などで、花びらが湿気を吸い込んでしまいます。

●おすすめの対処方法
お写真の状態のようなまま放置されますと、花びらの「ひび割れ」や「透け」が さらにすすみます。
進行する前に、湿気を除いてあげることが 急務です。
密閉した空間(棚の中や、プラスチックケースの中)に移動し一緒に、市販の除湿剤・防虫剤を入れ、1週間ほど様子をご覧になってください。

※花びらの「透け」は たいていの場合 元に戻りますが、戻らない場合もございます。
※年中 除湿を心がけていただくと、美しい状態を長く保つことが可能です。
※いったん「ひび割れ」してしまった花びらは、元に戻すことができません。
「ひび割れ」部分をはさみなどで丸くカットしていただくと、気にならなくなります。
ぜひ、お試しくださいませ。

ひび割れた花びら

はさみで

丸みをつけて カットしていただくと、リメイクできあがり!


プリザーブドフラワーってどれくらい持つの?

アトリエでは、製作から5年経過した作品が実際にございます。
保管状態によりますが、除湿と暗さを保っていただければ 長期間お楽しみいただけます。

<製作より3年経過した実際の写真です>

参考作品は 2002年製作 製作当時の写真です

2005年10月撮影(3年経過) 全体的になんとなく 色調が変化しています。

●保存状況 ほぼ通年除湿している室内。
直射日光のあたらない場所。
関西→関東へ1度移動。
ほこりよけケースなし。

ケースを使っていないため、自然の埃をかぶっています。

ラヌギノサの実は、緑色から茶褐色に変色しています。

アイビーのリーフは、3年前となにも変化していません。

バラの一部には、花びらがひび割れしているものもあります。

花びらが縮んできているバラや、色が薄くなったアジサイ。

このように、プリザーブドフラワーは種類によって、劣化するものと 劣化しにくいものがあり、また、同じ種類でも、劣化の種類や進むスピードが1輪1輪 異なります。
除湿と強い光を避けていただければ、充分 飾って楽しんでいただけます。
もちろん、上記のような症状が気になる方は、新しいものとお取替えをお勧めいたします。


さしあげるまでの2週間、おすすめの保管は?

お受取になったダンボールからお出しにならずに、保管なさってください。
通気性がよい涼しい場所、気温変化・湿度変化がすくない場所が最適です。
1~2日に一度は、ダンボールの上からお花の状態をチェックしてください。
花びらが透けてきたら、花びら透明化の解決法をご参照ください。


生花の花束のプリザーブド加工?

まことに申し訳ございません。
生花 を プリザーブドフラワー にする「プリザーブド加工」は、あいにく承っておりません。 お役にたてず、申し訳ございません。
ただし、受け取られた生花の画像や実物を拝見してなるべく似せて プリザーブドフラワーで再現することは可能でございます。
オーダーメイドにてご相談くださいませ。
※ただし、プリザーブドフラワーは花の種類が少ないため、再現には限界がございます。


本来 ケースは必要?

いいえ、必要ではございません。
ケースは、ほこりや湿気を防ぐためのもので、プリザーブドフラワーを生花と同様 消耗品とおかんがえいただき生花と同じように 自然な印象でお楽しみになりたい方は、ケースは 不要でございます。

本来 ケースは必要?


1年くらい 飾れるか?

確実な保証はできかねますが、最適な環境をつくってくだされば 大丈夫でしょう。
最適な環境について 詳しくは 長もちテクニック をご覧ください。


1年後は?茶色くなる?

保管状態によって、プリザーブドフラワーの「もち」は ことなります。
弊社では、プリザーブドフラワーをお楽しみいただける目安は1週間~5年と かんがえております。
3年経過した写真
色あせ、ほこり、ヒビワレ、みずみずしさがなくなる などの変化が生じます。
すこしでも 美しい状態を保つ最適な環境について詳しくは 長もちテクニック をご覧ください。


育て方?

プリザーブドフラワーは 育つ というより 保つ というかんじです。
茎が伸びたり、葉が枯れたり、花が咲いたり、という 変化はございません。つくりかた?市販で、「一液くん」というプリザーブドフラワー加工液がございます。

http://www.1ekikun.co.jp/

(申し訳ございませんが、弊社ではお取扱いがございません)
※弊社では、プリザーブドフラワー加工は行わず、加工済みの輸入花材などをつかって 商品企画・製作しております。


長もちテクニック

プリザーブドフラワーに適した環境を保ってあげましょう。
「湿気」と「高温」を避けてください。
湿度30~50パーセント、温度18度~22度が最適といわれています。
急激な湿度変化・気温変化は プリザーブドフラワーの美しさを損なう原因となります。
(弊社では、急激な湿度変化・気温変化を避けるため24時間 空調管理しております)
24時間空調管理がむつかしい場合は、市販されている衣類の除湿剤、食品パッケージに入っているシリカゲルを利用して 湿度を 低く保ってください。湿気と温度の高い場所に保管すると、着色料が染み出したり、花びらが 透明化したりヒビワレが発生します。

長もちテクニック

長もちテクニック

長もちテクニック

おすすめの飾り場所 もご覧ください。


遠距離恋愛中の彼女に持参したいが持ち運びは?

梱包をとかずに、お届け状態のまま お持運びされることをおすすめいたします。
ハンドル をご用命(別途有料)くだされば、ダンボールを両手で 抱える必要がなく、お持運びが楽です。

遠距離恋愛中の彼女に持参したいが持ち運びは?

通気性がよい涼しい場所、気温変化・湿度変化がすくない場所が最適です。
1~2日に一度は、お花の状態をチェックしてください。
花びらが透けてきたら、花びら透明化の解決法をご参照ください。


色あせ対策

強い光(スポットライトをあびる場所や明るい窓際)を避けて飾ってください。

色あせ対策

湿度変化 や 気温変化 は、色漏れ(液漏れ)につながり、色あせの原因となります。
窓や照明から離れた場所にある キャビネット、カップボードがおすすめです。

色あせ対策


直射日光を避けているのに 色あせした

強い光(スポットライトをあびる場所や明るい窓際)を避けておられるのに、あっという間に 色あせ が生じたなら、原因は、「液漏れ、色漏れ」とかんがえられます。
「液漏れ、色漏れ」が生じる原因は、多湿 や 急激な気温変化 です。
多湿 や 急激な気温変化があると 色漏れ(液漏れ)し、漏れたぶん、色が薄くなることで色が あせたような印象に 変わってしまいます。
多湿の目安は、湿度70%以上が継続して1週間程度、とおかんがえください。
急激な気温変化の目安は、10℃以上の変動、とおかんがえください。
※あくまで弊社独自の目安です。上記条件にあてはまらなくても変質する場合がございます。
多湿や、急激な気温変化を避けるには窓や照明から離れた場所にある キャビネット、カップボードに飾り、防湿剤を 一緒に置くことをおすすめいたします。

色あせ対策


なぜ高価?

ご期待にそえず申し訳ございません。
プリザーブドフラワーは生花にくらべ、残念ながら 3倍~5倍程度の価格です。
原因は、プリザーブドフラワー専用に育てられた生花を、収穫後、特殊加工(プリザーブド加工)をほどこしているためです。
ただし、保管に気をつけていただければ生花の数十倍 長くお楽しみいただけること、みずやりなどのお手間が不要なことからウエディングブーケやお見舞いの花、オフィスに、と需要は拡大しています。

なぜ高価?


暑さには強い?

プリザーブドフラワーは環境に左右されるデリケートなお花です。
ひとことで申しますと、プリザーブドフラワーは わたしたち人間と良く似ているとお考え下さい。
人間にとって 心地よいのは湿度が高くなく 空気がさらっとしていて、寒すぎず、暑すぎない日ですね。
プリザーブドフラワーも湿度が30-50%、気温が18-25度が 最適な環境だといわれています。
では、あてはまらない環境に保管するとどうなるのでしょうか?
答えは、人間とよく似た症状が表れる、です。
極端な高温(30度以上)極端な高湿(80%以上)では、プリザーブドフラワーも汗をかき、着色料がしみだしてきます。
着色料がしみだすと、色がぬけ、色あせ(色が薄くなる)します。
極端な乾燥下(湿度20%以下)では人間の皮膚と同様、みずみずしさが失われ、ヒビワレが発生します。

長もちテクニック

人間には回復する力がありますが、プリザーブドフラワーはいったん劣化すると元にもどらない、という点が人間と異なる点です。
プリザーブドフラワーの「長もちのさせ方」については、「最適な環境のつくりかた」をご覧下さい。


どんな花でもプリザーブドフラワーになる?

プリザーブドフラワーの種類 をご覧ください。


生花と印象が違うんですが

ご期待にそえず 申し訳ございません。
プリザーブド加工技術は まだまだ進化過程であり、種類が少ないのが 現状です。
また色も、生花のような グラデーションカラーはすくなく、ほとんどが マット な仕上がりとなっております。
プリザーブドフラワー固有の特性もございます。
このため、生花の魅力に及ばないことを 弊社でも心苦しくおもっております。
ただ うれしいことにプリザーブド加工技術は 進化をつづけています。
以前は 加工が難しかった生花も 加工が可能になってきています。
将来、すべての生花がプリザーブド加工されるようになれば豊富なデザインが市場に出回るようになることと思います。
弊社でも 新素材は いちはやく取り入れ、みなさまにお楽しみいただけれるよう、企業努力をしてまいりたいとおもっております。


虫はつきますか?

いいえ、稀に 発生する場合がございます。
弊社では、商品すべてを検品しておりますのでお届け直後に 虫がついていることはございません。
ただし 高温多湿の場所に保管されますと虫が発生する場合がございます。
万が一 虫が発生してしまった場合は早急に発生場所を はさみなどで カットしていただき廃棄なさってください。
放置されますと、虫が増えてしまうことがございます。
部分廃棄されたあとは防虫剤・除湿剤と一緒に、なるべく光のあたらない、涼しい通気性のよい場所で保管なさる事をおすすめいたします。


プリザーブドフラワーのことでお困りのみなさまへ
「プリザーブドフラワーの飾り方」や「花贈りについて」など、順次ご紹介してまいります!どうぞお楽しみに・・・


季節

いらっしゃいませ