お中元・暑中見舞いの花贈りマナーメッセージ例文集

贈るタイミング

関東地方では新暦で行うことから7月初めより中頃までに、関西地方では旧暦で行うことから1ヶ月遅れの8月初めより中頃までに贈る。

【のし例文】:御中元

お返し

原則不要。お礼状は出しましょう。

▼成人式に添える メッセージ例文

一般的なメッセージ例文

・暑中お見舞い申し上げます。

暑さ厳しき折柄、お変わりございませんでしょうか。
おかげさまで、わたくしたちは つつがなく暮らしておりますので、ご安心下さい。

まだまだ厳しい暑さが続きそうでございますが、お体ご自愛くださいませ。

友達へのメッセージ例文

・暑中お見舞い申し上げます。いかがお過ごしでしょうか。
すっかりご無沙汰ばかりで ごめんなさい。

今年こそ、しっかり休みを取って、●●ちゃんのところへお邪魔しようと計画していますので、その節はどうぞよろしくお願いします。

暑い日が続いていますが、くれぐれもお体に気をつけてくださいね。

先輩・目上の方へのメッセージ例文

・暑中お見舞い申し上げます。

お変わりなくお過ごしのことと存じます。いつも、ご指導賜り ありがとうございます。

おかげさまで、つつがなく暮らしております。まだまだ厳しい暑さが続きそうでございますが、
ご自愛のほど、お祈り申し上げます。

お中元・暑中見舞い お返し(お礼状)のメッセージ例文

・暑中お見舞い申し上げます。

ご丁寧な暑中見舞いをいただき、恐縮しております。
新聞によれば、関東は連日の猛暑との事ですが、お元気でなによりです。

ここ関西もこの暑さはことのほか厳しいものです。
まだまだ、暑い夏が続きますのでお体に気を付けて健やかにお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。

まずは、お礼かたがた暑中お見舞いまで。

いらっしゃいませ