お悔やみの花贈りマナーメッセージ例文集

おすすめ花ギフトとマナー

最近では、お悔やみといっても、残されたご家族に元気になっていただくために白色以外のお花を贈ったり、故人がお好きだったお色を贈る方も増えています。

淡いクリーム色のお花や、淡いピンク色のお花なら、お部屋も明るくなりますし、派手すぎる心配もないでしょう

お返し

喪家が無理をする必要はなく、3分の1程度でも構いません。

天寿を全うされたときなどは、全額に近いお返しをすることもあります。

▼お悔やみ に添える メッセージ例文

メッセージ例文

・このたびはご多忙にもかかわらず、丁重なご弔意ならびに過分なご香資を賜り、ご厚情ありがたく御礼申し上げます。ささやかではございますが、心ばかりの品を贈らせていただきます。簡単ではございますが、ご挨拶申し上げます。

・○○さんのおそばに置いてください。心よりお悔やみ申し上げます。

・心からご冥福をお祈りいたします

・○○ちゃん 優しい○○ちゃんは、お月様で沢山のお友達と仲良く遊んでいるんでしょう。お空の上から、お母さんや○○ちゃんの事を見守っていてね。

いらっしゃいませ